室内霊園で新しい形の墓参りのご提案  室内墓地 

都心に30万円から390万円までのいろいろなタイプの永代供養墓を取り揃えております。

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

東京の室内霊園・室内墓地ってどんなしくみ?その内部は?

 
最近、話題の室内霊園・室内墓地ですが、


やはり、どうしても手軽すぎる感じに抵抗がある方が多いようですね。


そこで、今回は、室内霊園の内部がどんなしくみになっているか

ご紹介したいと思います。





室内霊園



上記の図のように3位1体のため、外墓地と同様にお参りする事が可能です。

(外のお墓には、戒名を墓石や墓標に刻み、お骨の収納場所は墓の下になります。)

ですので、外墓地と当院の墓地はお骨の収納場所が違っているくらいで、

それほどの違いがないことは分かっていただけると思います。



直接参拝式となっており、これは他寺ではほとんど見られず東福院ならではとなっています。


手作りで一体一体、木彫りで制作した大日如来像で、優しい、または凛々しいお顔などが、

お客様の好みに合わせて選択できます。

現在の、あなた様をお守りするためや、既にお亡くなりになられている故人の為に心をこめて

当山住職が入魂しております。




また、永代供養の場合は、管理費や年会費は必要ありません。


そのほか、月に1回合同供養祭が開かれるほか、充実した法要が開かれています。



▼資料請求はこちらから





スポンサーサイト
フリーエリア


月別アーカイブ




 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。